1/9
 2/9
 3/9
 4/9
 5/9
 6/9
 7/9
 8/9
 9/9

鮓家一

東京の神楽坂、本多横丁にその店はあります。制約条件を鑑みて大切なことに焦点を絞りました。それは、限られた方を相手とし、その方々をもてなす店主を引き立てる舞台をデザインすること。寿司のごとく素材を吟味し、舞台を整えることが私たちの役割でした。
具体的には、大谷石や檜、聚楽壁の柔らかな空間のアクセントでありかつ、店主の白衣を引き立たせることを目的とした墨色の背景を用意。そこにカウンターに座ったお客様の目線を店主に誘導すべく、低めに集中して錫箔を散らしています。店主の寿司に惚れ込んだ方のご尽力で無垢材の檜カウンターが実現し、にじり扉のある旧家の蔵戸を入り口とする茶室のような空間となりました。

サービス内容:内装デザイン/サインデザイン/照明デザイン
設計チーム:佐竹永太郎 /佐々木沙由里(IDEAAID)/安原正樹[照明](plusY)
施工:NAREU

Sushiya hajime
The restaurant is located in Honda Yokocho, Kagurazaka, Tokyo.
In terms of the constraints, we narrowed our focus to what is important.
It was to design a stage that enhances the chef who serves a limited number of customers. Our role was careful selection of the materials and set the stage, just like making sushi.
Specifically, a black background was prepared using Otani stone, Japanese cypress, and Juraku walls, to accentuate the delicate space and to complement the chef’s white robe. In order to direct the eyes of customers sitting at the counter to the chef, aluminium foil was scattered with a gradient of concentrated amount in the eye level. Thanks to the efforts of those who fell in love with the chef’s sushi, a solid wood cypress counter was realized, and it became a tea room-like space with the entrance through a small door(Kurado door with a nigiri door).

Services: Interior design, signage design, lighting design
Design Team: Eitaro Satake / Sayuri Sasaki (IDEAAID) / Masaki Yasuhara [Lighting] (plusY)
Construction:NAREU

鲊家一
店铺位于东京神乐坂,本多横丁。由于各种条件的制约,我们把最重要的事物作为焦点展现。以特定的人物为对象,设计店主招待客人的舞台。像寿司一样斟酌素材,调整舞台是我们的角色。
具体的做法是,运用墨色的背影演出大谷石、桧木、聚乐墙温柔舒适的空间,将焦点聚集在身穿白衣的店主身上。为了引导在座客人们的视线,墨色背景上的锡箔纸也随着客人们视线的下降变得更加密集。
在店主的忠实顾客的帮助下,我们得以运用天然的桧木制作桌台。穿过像旧时藏户门一样的入口,您就进入到了像茶室一般的空间。

服务内容:内装设计/标识设计/照明设计
设计团队:佐竹永太郎/佐佐木沙由里(IDEAAID)/安原正树(照明)(plusY)
施工:NAREU

Title:
鮓家一
用途:
飲食店
構造及び階数:
インテリア
規模:
延床面積 27.7㎡
所在地:
東京都新宿区神楽坂
期間:
設計 2018.01〜2018.03
施工 2018.03〜2018.04
Media:
Dancyu 他

RELATED PROJECTS